先天性心疾患

ドラマQ10で佐藤健が演じたのは心臓病の高校生

ドラマQ10で佐藤健が演じたのは心臓病の高校生
スポンサーリンク

Q10(キュート)は2010年に放送されたドラマです。

主人公の佐藤健さんが演じたのは心臓病の高校生でした。

たらこっこ
たらこっこ

ご訪問ありがとうございます。
たらこっこ@nikonikotarakoです。
ドラマ大好きなアラフィフです!

Q10ってどんなドラマなの?

佐藤健さんが演じた高校生は自分の心臓病をどう捉えていた?

心臓病児の母目線でドラマを見てみました。

スポンサーリンク

Q10(キュート)ってどんなドラマ?

Q10は2010年に放送されました。

佐藤健さん演じる高校生と前田敦子さん演じるロボット。

この2人(ロボットなので人とは言えないですが…)を軸に個性豊かな高校生の愛や友情や生き方を描いています。

たらこっこ
たらこっこ

放送当時は前田敦子さんがロボットを演じるという事で話題になっていたような気がしますね

スポンサーリンク

登場人物が豪華

放送から10年以上経ってはじめてこのドラマを見ました。

今、主役級で活躍している俳優さん達が高校生を演じています。

主人公の深井平太(佐藤健)

心臓病のせいなのか臆病な性格で人生をあきらめかけています。

突然現れたロボットを起動させてしまいますが、やがてそのロボットに恋をします。

ヒロインQ10(前田敦子)

2080年の未来からきたロボット。

街で捨てられていた → 校長先生に拾われた → 平太に奥歯を押されて起動した → 女子高生として過ごす

このようないきさつで、平太のクラスで過ごすことになります。

足の裏に「Q10(キューイチゼロ)」と記されていたので平太が「キュート」と命名しました。

久保武彦(池松壮亮)

平太の幼い頃からの心臓病仲間で親友。

心臓病による長期入院で1年留年している。

たらこっこ
たらこっこ

平太よりも症状が重い心臓病です。
再手術をしたり、状態が悪化してICUに入ったりするシーンも描かれています

その他のクラスメイト

平太のクラスメイトを演じているのはこんな豪華な面々です。

  • 蓮佛美沙子さん
  • 賀来賢人さん
  • 柄本時生さん
  • 高畑充希さん
  • 細田よしひこさん
  • 福田麻由子さん
スポンサーリンク

平太の心臓病が描かれている場面

主人公の平太の心臓病が描かれている場面と印象的なセリフをまとめてみます。

心臓病の高校生

平太の心臓病は第1話からこのような形で描かれています。

  • 通院のため遅れて登校する
  • 胸に手術の傷痕がある
  • 激しい運動はできない
  • 現在も薬を服用している

平太は自分の心臓病をネガティブにとらえています。

そしてQ10と出会った時に放ったセリフがこちら。

自分の心臓は不良品。修理はしたけど

親友が入院

平太の心臓病仲間である武彦は1話で入院になります。

武彦が学校で過ごしたのは1話のみ。

その後は病院でのシーンが続きます。

平太と武彦は幼い頃世の中の不公平さに不満をもって地球が滅亡してほしいと話していました。

その時の事を思い出しながら平太が言ったセリフがこちら。

自分の病気のせいでみんなが迷惑をして、全部自分のせいだと思ってたけど、本当は誰のせいでもなかったんだ
たらこっこ
たらこっこ

最初の頃はネガティブな性格だった平太ですが、キュートと出会って少しずつ変わっていきます。
そんな時に言ったセリフは病気の事を乗り越えようとする平太の気持ちがあらわれています

手術痕を見られたくない

第3話は文化祭のお話。

文化祭の前夜祭で男子は上半身裸で受験祈願の踊りをします。

平太は心臓病の手術痕を見られるのが嫌でした。

サボろうとする平太を見てQ10と同級生の中尾は自分達も特殊メイクで傷を作ります。

そして中尾が言ったセリフがこちら。

平太が傷を見られたくなくて前夜祭に出ないのかと思って。だったらオレも傷を作れば同じだから
たらこっこ
たらこっこ

こんな風に考えてくれるクラスメイトがいたら嬉しいですよね

家族への感謝

最終回では平太の手術から6年目を家族でお祝いするシーンがあります。

父「手術して早6年…」

母「早くないよ。ようやくって感じじゃない?」

姉「みんなで一生懸命になって、普通の家族じゃやらないよね。いい経験だったね」

そして平太が家族に向けて言ったセリフがこちら。

オレの事を絶対に治るってずっと信じてくれたから、オレはこうしてずっとここに居れるんだと思います。ありがとう
たらこっこ
たらこっこ

お祝いのケーキを前にして照れくさそうに言う平太。
心から家族に感謝していました

スポンサーリンク

実際の心臓病児は何を思う?

ドラマQ10は平太の心臓病が軸というわけではありませんが随所に心臓病のエピソードが盛り込まれています。

最初は自分の病気をネガティブに捉えていた平太ですが、最終回では家族に感謝をして成長していく姿が描かれています。

では、実際の心臓病児は何を思うのか?

たらこっこ
たらこっこ

息子は中学生ですが、今のところ心臓病をネガティブに捉える様子はまったくありません

息子さん
息子さん

傷痕も薬を飲む事も全然気にならない!

こればかりはその子の性格にもよるんでしょうね。

ちなみに中学校2年生で再手術をした際に息子にインタビューした内容はこちらにまとめています。

思春期はただでさえ心が揺れ動くものです。

ましてや心臓病を抱えていたら、悩みも人一倍あるかもしれません。

そんな心情をとてもよく描いていたドラマだと思います。

スポンサーリンク

終わりに

ドラマQ10で佐藤健が演じたのは心臓病の高校生についてまとめました。

佐藤健さんをはじめとして演技力のある俳優さん達が高校生を演じていて、とても面白いドラマでした。

心臓病についてこれだけ繊細に心情を描いているドラマもなかなか無いような気がしました。

気になる方は見てみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました

ブログランキングに参加しています。
画像をポチっとしていただけると励みになります!
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
たらこっこ

Profile

心臓病児を育てる40代のお気楽主婦。
先天性心疾患の情報・発達のんびりっこの育児情報などを発信中!息子の病気についてはプロフィールページをどうぞ!

\ Follow Me ! ! /
スポンサーリンク
ウチの息子は心臓病

タイトルとURLをコピーしました