先天性心疾患

新型コロナの影響で転院を余儀なくされた心臓病の息子のこと

新型コロナの影響で転院を余儀なくされた心臓病の息子のこと
スポンサーリンク

心臓病の息子が慣れ親しんだ病院から転院を余儀なくされました。

たらこっこ
たらこっこ

ご訪問ありがとうございます。
たらこっこ@nikonikotarakoです。

新型コロナの影響で転院する事になってしまいました。

スポンサーリンク

新型コロナの影響で通院の県外移動もダメなのか?

重度の心臓病の息子は2020年8月に心臓手術をしました。

コロナ禍真っ只中でしたが、無事に入院する事ができました。

我が家の住まいは大阪府。

手術をする病院は京都府。

県外移動をするのは避けて欲しいという理由で、私は自宅に帰ることができませんでした。

その時の様子はこちらにまとめています。

手術を無事に終えて退院し、その後も数ヶ月に1度の頻度で通院していました。

ところが、前回の通院の際に主治医から転院をすすめられました。

本来であれば手術から1年経過したのでカテーテル検査をしたいのですが、正直なところコロナで大変厳しい状況です。
通院に関しても県外移動はなるべく控えていただきたいんです。
症状も落ち着いているので、お住まいの大阪府の病院へ転院していただけないでしょうか

こうして小学校3年生の頃からお世話になった病院から転院することになりました。

転院して病院が近くなれば良かったのですが、高速を使って1時間ほどかかります。結局、以前の病院と変わらない距離でした

息子のような重度の先天性心疾患を診れる病院は限られているので、病院がある程度遠いのは仕方がない事かもしれません。

正直なところ同じ距離なら転院の必要は無いのではないかと思いますが、都道府県によってコロナに対する考え方や対応にも多少の違いがあるので仕方がないことですね。

コロナ禍でも県外移動で通院している方は多いと思いますが、息子の場合は転院になってしまいました。

スポンサーリンク

転院先の病院での初診の体験談

息子の転院はこれが初めてではありません。

セカンドオピニオンや転勤の影響で何度か病院を変わっています。

そのたびに主治医からの紹介状と分厚い診療情報提供書を持って次の病院に行きました。

今回も封筒がはち切れそうなくらいの診療情報提供書と検査データのCD-Rが3枚ありました。

転院先の先生は目を通してくれましたが…

こちらとしてもひととおり検査をしておきたいので全部やりましょうか!

こうして検査することになりました。

息子さん
息子さん

初診だから何もやらないと思っていたのに…

  • 採血
  • レントゲン
  • 心電図
  • 心エコー

全部やりました

検査を終えて今後の話になりました。

手術から1年以上経っているんですよね。
カテーテル検査やっておいたほうがいいかな。
コロナの影響次第でキャンセルになる可能性もありますが、冬休みあたりですかね

こうして次の予約は診察になるか、カテーテルになるか、コロナの状況次第ということになりました。

スポンサーリンク

転院は大変?

これは患者の立場での愚痴になります。

紹介元の病院から診療情報提供書や検査データを持って行っても、かなりの確率で転院先の病院でも同じ検査をするような気がします。

もちろん病院によって違いもありますし、状況によっても違いがあります。


息子が生後半年でセカンドオピニオンをした時には、本人は連れて行かずに検査データだけで手術が可能かどうかの話をしてもらう事ができました。

この時は、根治手術前の息子のサチュレーションは50~60台で経管栄養だったので、遠方への移動はとても無理がありました。

そのため、両親だけでセカンドオピニオンをしてもらう事ができました。


全国どこの病院でも検査データや薬の情報を共有できれば、こんなに何度も検査をする必要は無いんじゃないのかな…と思ってしまうのが患者の立場からの本音です。

スポンサーリンク

終わりに

新型コロナの影響で転院を余儀なくされた心臓病の息子のお話でした。

転院にあたっては小児慢性特定疾患の手続きも少々面倒でした。

それはまた別の機会にお話しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました

ブログランキングに参加しています。
画像をポチっとしていただけると励みになります!
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
たらこっこ

Profile

心臓病児を育てる40代のお気楽主婦。
先天性心疾患の情報・発達のんびりっこの育児情報などを発信中!息子の病気についてはプロフィールページをどうぞ!

\ Follow Me ! ! /
スポンサーリンク
ウチの息子は心臓病

タイトルとURLをコピーしました