先天性心疾患

小学1年生の子ども達に息子の病気の説明をした体験談

先天性心疾患

心臓病の息子が小学校に入学した時に、1年生のクラスのみんなに病気の話をしました。

小学校に入学したばかりの1年生の子ども達に、どう説明すれば良いのか悩みました。

そして1冊の絵本を読み聞かせることにしました。

その時の体験談と子ども達の反応をまとめています。

1年生への病気の説明はどうする?

学校側に病気の説明をして欲しいとお願いしたところ、このように言われました。

せっかくの機会なのでお母さんが直接児童達の前でお話してもらえませんか?

全校集会の後に、全校児童の前でお話してもらう時間を設けたいと思います。

それと、1年生には教室に戻ってから、もう一度わかりやすくお話してもらえませんか?

 

たらこっこ
たらこっこ

わかりました。

学校からの提案は嬉しいものでしたが、1年生にどのように説明すれば伝わるのかとても悩みました。

担任の先生からはこのように言われました。

病気の事はお母さんから話されたほうが良いと思っていたので、私のほうからはあまり詳しく話していません。ちょっとのどに怪我をして声が出にくいから、よく聞いてあげようね。と説明したんですが、いつ怪我が治るの?なんて聞く子もいました。

治らない病気があるということを説明

全校児童の前では1年生には少し難しい内容の説明もしました。

1年生にはあらためてこう伝えました。

たらこっこ
たらこっこ

みんなが風邪をひいたり、熱が出たりした時は、薬を飲んでゆっくり寝ていれば治りますよね。

でも、心臓病と声の病気は治らないんです。

だから、声の大きさもずっとこのままなんです。

たらこっこ
たらこっこ

どうして病気で産まれたのかはわかりません。

もしかしたらそれは神様からの贈り物かもしれません。

みんなも神様からいろんな贈り物をもらって産まれてきたんですよ。

病気がある事も個性のひとつだという事を伝えたかったので、絵本を読み聞かせることにしました。

 

絵本『かみさまからのおくりもの』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かみさまからのおくりもの [ 樋口通子 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/7/14時点)

楽天で購入

 

どんなお話?

赤ちゃんが産まれてくる時には、みんなそれぞれ神様からいろんな贈り物をもらって産まれてきます。その贈り物は天使が運んでくるのです。あかいほっぺの赤ちゃんには「よくわらう」を、おおきい赤ちゃんには「ちからもち」を、泣いている赤ちゃんには「うたがすき」を、よく動く赤ちゃんには「よくたべる」を、すやすやねている赤ちゃんには「やさしい」を届けてくれました。「かみさま すてきなおくりものを ありがとう」
赤ちゃんが産まれる時に神様が一人一人の赤ちゃんにくださる贈り物はその子の個性です。
子どもは、自分のもらったものを考え、親はこの子を授かった感謝の気持ちを抱く事ができます。
出産祝いに贈られ続けている絵本です。

読み聞かせを終えた時の子ども達の反応は?

たらこっこ
たらこっこ

病気はとっても大変なことだから、病気が贈り物っていうのは少し変かもしれないですね。

神様がどんな贈り物を贈ってくれたのかは、神様しかわかりません。

もしかしたら『病気を乗り越えるがんばるちから』を贈ってくれたのかなと思っています。

みんなとても真剣なまなざしで私の話を聞いてくれました。

そして、休み時間になると、私のところに集まってきました。

『あのね、息子くんは “笑顔がかわいい” って贈り物ももらったと思うよ。』

『私はピアノが好きだから “ピアノが上手になる” って贈り物だったらいいな。』

『僕はどんな贈り物かわからないから、お母さんに聞いてみる。』

思った事を次々と私に教えてくれました。

『かみさまからのおくりもの』口コミは?

お母さん達にも好評の絵本です。

どんな口コミがあるのでしょうか。

育児に行き詰った時やイライラしてしまった時にこの絵本を娘に読んであげる事で、生まれた頃の娘を思い出して、やさしい気持ちになれました。
この絵本は出産祝いにいいと思います。「どうしてうちの子は、こうなんだろう?」と子どもを否定的に見てしまうお母さんに読んで欲しいです。
保育士になった友人にプレゼントしました。「園で子供たちに読んであげたら大人気の絵本になりました」と言っていました。
絵が貼り絵になっていてとっても可愛いです。文字が少なくて小さい子ども向けのように感じましたが、小学生の娘は興味深かったようです。読み聞かせたあとに、子どもとの会話がはずみます。
子育てをしているお母さんに、ぜひ一緒に読んでもらいたい本ですね。
たらこっこ
たらこっこ

字が少なくて幼い子でも理解できる絵本です。

息子は言葉の発達が遅かったので、息子でも理解できるような絵本は無いかなと思っていた時に出会った絵本です。

息子も大好きな絵本でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かみさまからのおくりもの [ 樋口通子 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/7/14時点)

楽天で購入

 

学校側から言われたこと

息子の病気の説明を終えて、学校からこのように言われました。

とっても素晴らしいお話でした。
少人数の学校ですが、実は色々と病気のある子や家族に障害者がいる子なんかもいるんです。

だから、今日のお話は本当に子供達の心に響いたと思います。

とにかく、きちんと知ってもらうことが大事ですからね。
子供達はきちんと知っていれば、それをあーだこーだと言ったりしませんから。

子ども達の前で話をする事は思った以上に緊張しましたが、きちんと伝えられて良かったなと思いました。

まとめ

小学1年生の子ども達に息子の病気の説明をした時の体験談と、絵本『かみさまからのおくりもの』についてまとめました。

この絵本は『ママのところに産まれてきてくれてありがとう』と子どもに素直に伝える事のできる素敵な絵本だと思います。

普段はついガミガミ怒ってばかりでも、この絵本を使えば『〇〇くんの良いところは優しいところだね。神様が贈ってくれたんだね。』と素直に言えるかもしれませんね。

\\ PLEASE SHARE //
\\ Follow me //
ウチの息子は心臓病

⇓ コメントはお気軽に ⇓