育児

我が家のラン活!身長100㎝の息子のランドセル選びのお話

育児

小学校入学を控えてランドセル選びを考え始めた時のお話。

息子は身長100㎝体重13㎏でした。

小さな息子に合うランドセルは何なのか…。

色々と試してみたりランドセルアドバイザーに話を聞いたりしてランドセルを決めるまでの体験談をまとめています。

2012年頃の話なので、ランドセルのモデルは今とは異なる部分がありますが、ランドセル選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

ランドセル選びで重視したこと

ランドセルの重さは?

ランドセル選びで一番重要視したのは重さです。

  • 革のランドセル…1300g前後
  • クラリーノ素材…1000g前後
  • 超軽量素材…800g未満

このように重さだけみても色々な種類があります。

体のサイズが小さな息子には少しでも軽いランドセルが良いのではないかと思いました。

でも、ネットの口コミ情報や、幼稚園ママ達の話を聞くと、軽ければ良いというものでもないようです。

 

軽くても体にフィットしていなければ、それほど軽くは感じない。
逆に多少重くても体にフィットしていれば、それほど重さを感じない。
ひとまず、いくつかのメーカーのカタログを取り寄せて、あれやこれやと考えていました。

星がついているランドセルはダメなのか?

『フィットちゃんランドセル』にはオーダーメイドで自分好みのランドセルを作れるというシリーズがありました。

色や内装柄を選び、さらにはびょうの形も丸や星型が選べたり、ネーム部分も形が選べるというもの。

たらこっこ
たらこっこ

星の形もカッコいいね~

息子さん
息子さん

うん。カッコいい!

カタログを見ながら息子と一緒に盛り上がり、帰宅したパパさんに話しました。

パパさん
パパさん

ダメだよ!

高学年になった時の男子の気持ちを知らないだろ。

高学年になって星なんて恥ずかしくてやってらんないよ!

シンプルでないとダメなんだ!

星くらいなら大丈夫と思うのは母親だけなのでしょうか…。

とりあえず近所のランドセル売り場に行ってみました。

フィットちゃんランドセルは残念ながら女の子モデルしか置いてありませんでした。

でも、欲しいと思っているモデルに一番近い形の物だったので背負わせてみました。

たらこっこ
たらこっこ

今日はとりあえずどんな感じなのか背負ってみるだけだからね。

女の子用だけど気にしないでね。

ランドセルのほうが明らかに大きくて、ランドセルが歩いている感じは否めません。

でもなかなかフィットしている感じでした。

大喜びで走ったり飛んだり、開けたり閉めたりしたあと

息子さん
息子さん

コレいいじゃん!ボクこれでいいよ!

ハートついてるけど、まぁいいよ!

たらこっこ
たらこっこ

コイツ…。

何のこだわりもないじゃん。

ひとまず、フィットちゃんランドセルはそれなりに息子の体にフィットしているという事はわかりました。

 

ランドセルアドバイザーに聞いてみました

ランドセル選びに悩み、色々とネット検索をしていたら『ランドセルアドバイザー』という文字が目に入りました。

メールで子供に合ったランドセルを、メーカーにこだわらずアドバイスしてくれるというので連絡してみました。

するとすぐにお電話をいただきました。

ランドセルの重さについて

ランドセルに教科書を入れると約4kgくらいになります。

体重13kgということは、体重50kgの大人が約17kgの物を背負って歩くのと同じです。

ランドセルそのものの重さにはメーカーによって多少の違いはありますが、誤差は300g程度です。

教科書1冊や2冊の違いで300gの違いは出てきます。

ですから、重さにこだわる必要は無いと思います。

大切なのは、体に合うということ。

本を入れた状態でランドセルを背負わせて、痛がらないランドセルを選ぶことが大切です。

 

ランドセルの大きさについて

今年(2012年)のランドセルは “A4クリアファイルサイズ” がほとんどです。

これだとランドセルが大きくなります。

数年前までのモデルは “A4教科書サイズ” で今年のランドセルよりも小さく作られています。

クリアファイルが入らないと困るかというと、実際はそうでもありません。

プリントは折って入れてくることが多いので、教科書サイズであれば充分です。

息子さんの体のサイズを考えると、今年モデルのランドセルはどれも大きく、体に合わないような気がします。

選ぶなら、数年前の小さいモデルのほうが良いと思います。

 

ランドセルの種類について

“ハネッセル” はとても良いと思うのですが、今年モデルは息子さんには少し大きすぎるような気もします。

数年前のモデルは合うと思うのですが、重さが1800gあるのでちょっと重すぎるでしょうね。

“天使のはね” は多分、肩が浮いてしまうと思います。

“フィットちゃん” は今のモデルの中では、一番息子さんに合うような気もします。

いずれにしても、本人に背負わせて合わせてみることが大切です。

実際に背負ってみて試せるお店がないかどうか探してみると良いと思います。

 

旧モデルはどうなのか?

ランドセルアドバイザーにアドバイスしていただいたこの点はとても気になりました。

息子さんの体のサイズを考えると、今年モデルのランドセルはどれも大きく、体に合わないような気がします。

選ぶなら、数年前の小さいモデルのほうが良いと思います。

でも、パパさんにこの話をしたら

パパさん
パパさん

旧モデルなんてやめたほうがいいよ。

みんなと同じがいいんだよ。

 

今は教科書サイズを持ってる子供がいるかもしれないけど、あと数年したらクリアファイルサイズが主流になるんだろ。

みんなクリアファイルが入るのに、自分だけ入らないなんてなったら可愛そうだよ。

 

体の大きさなんて心配するほどのことじゃないと思うよ。

やってみればなんとかなるもんだと思うよ。

オレは、学期末に荷物を全部持ち帰らなくちゃいけない日は重いと思ったけど、それ以外で重いと思った記憶は無いよ。

 

今年モデルの中で合う物を探すのが一番だよ。

今は身長180㎝超えのパパさんですが、早生まれで小学校の頃は一番小さいサイズでした。

そのパパさんの話は説得力があります。

 

それに、旧モデルはお店ではほとんど取り扱っていません。

並んでいるのは今年モデルばかりです(当たり前だけど…)

旧モデルが欲しいとなれば、ネット通販で買うしか無いけれど、ネット通販でも旧モデルがあるのかどうかはわかりませんでした。

 

2つのモデルからランドセル決定

ここまで色々なカタログを取り寄せたりランドセルアドバイザーに話を聞いて絞り込んだ2つのランドセル。

『フィットちゃんランドセル』『ハネッセル』のどちらかにしようというところまで決まりました。

ハネッセルを試してみた

ハネッセルランドセルは1280gとちょっと重たいランドセルですが、荷重分散システムによって、とても軽く感じるとのこと。

さらに、ベルト部分がフリーアジャストになっているので、最適なサイズ調節が可能。

カタログでしか見れなかったランドセルを実際に見てみて、期待が高まりました。

そして、いよいよ実際に背負わせてみました。

ところが…

最適なサイズが可能なはずのフリーアジャストを一番短くしても、息子の体にはゆるゆるで、ベルトが肩からずり落ちる状態。

こりゃあ、ダメダメです。

ランドセルアドバイザーの方にもこう言われていました。

ハネッセルはとても良いランドセルだと思いますが、今年のモデルは息子さんのような小さい体のお子様には大きいと思います。

まったくその通りでした。

 

フィットちゃんランドセルを試してみた

フィットちゃん機能のついた百貨店モデルのランドセルを見るために、デパートへ移動しました。

お目当ての、フィットちゃん機能のついたランドセルは1260gです。

中に教科書サンプルを入れて背負わせたら、後ろにのけぞってひっくり返りそうになる息子さん。

体にはフィットしているような感じだったけれど、やっぱり重さは否めません。

ランドセルアドバイザーの方には300g位の誤差は気にしない方が良いと言われていましたが、後ろにのけぞる息子を見たら、少しでも軽い方が良いのではないかと思いました。

 

フィットちゃんランドセルに決定

色々と悩んだ結果、カタログで見たフィットちゃんランドセルの1080gのモデルに決定しました。

実物を見ないでネットで買うのは、少し不安があります。

でも似たタイプのランドセルを見て、背負わせてみたので、そう大差はないだろうと思いネットで購入する事にしました。

 

ランドセルを背負って登校してみた結果は?

小さな体に大きなランドセルを背負って登校するようになりました。

息子は小規模特認校という小学校に通っていたので、通学経路も少し特殊でした。

  • 家から数分歩く。
  • 5分ほどバスに乗る。
  • 10分ほど船に乗る。
  • そこから10分ひたすら山道を登る。

1年生の最初の頃は帰りもバスに乗って帰ってきていました。

しかし夏休みを過ぎたあたりからは、バスに乗らずに30分ほどかけて歩いて帰ってくる日もありました。

たらこっこ
たらこっこ

バスに乗って帰ってくるほうが楽じゃないの?

息子さん
息子さん

たまには歩いて帰りたい日もあるの!

こんな事を言いながら、お友達と一緒に歩いて帰る日が多くなりました。

子どもは親が思っているよりも、ずっとたくましいものだなーと感じました。

 

まとめ

ランドセル選びはどのお母さんでも悩むものだと思います。

まだまだ幼くて小さい子がこんなに重い物を背負って登校するの?と不安になります。

我が家の息子も人一倍小さいタイプなので不安だらけでした。

入学式の日にはとても大きく感じたランドセル。

でも、不思議と数ヶ月もすると体に馴染んで、小さな息子でもそれなりに小学生に見えるようになりました。

ちなみに、我が家は小学校3年生で引っ越しをしました。

引っ越した先の小学校はランドセルではなくランリュックという特殊なリュック型カバンを使用していたので、ランドセルの使用期間はわずか2年でした。

でも、ランドセル選びに奮闘した日々は今でも良い忘れられない思い出になっています。

\\ PLEASE SHARE //
\\ Follow me //
ウチの息子は心臓病

⇓ コメントはお気軽に ⇓