猫・子猫

子猫のワクチン接種時期は?気をつける事は?

猫・子猫

子猫や猫を飼う事になったらワクチン接種を考えてあげましょう。

完全室内飼育の場合でも予防接種は重要です。

子猫のワクチン接種の時期はいつ頃が良いのでしょうか?

またワクチン接種で気をつける事はあるのでしょうか?

子猫のワクチン接種についてまとめています!

ワクチン接種で予防できる感染症は?

ワクチン接種によってこのような病気を防ぐことができます。

  1. 猫ウイルス性鼻気管支炎…カゼのような症状が出る猫カゼの一種
  2. 猫カリシウイルス感染症…猫カゼの一種で肺炎を引き起こすこともある
  3. 猫汎白血球減少症…生命力の強いウイルス。子猫は致死率が高い
  4. 猫白血病ウイルス感染症…治療法がない怖い病気
  5. 猫クラミジア症…猫カゼに似た症状で結膜炎を起こす場合もある

 

ワクチンの選び方は?

三種混合[上記病気の1・2・3に効果あり]
・完全室内飼育で他の猫と接触はない場合
・外出はハーネスをつけて散歩をさせる場合
4・5種混合[上記病気の1・2・3・4・5に効果あり]
・外に出る事がある場合
・同居猫に猫白血病ウイルス感染猫がいる場合
このように外猫と接触する可能性が少ない場合は基本的に3種混合でOKです。
逆に完全室内飼いでも脱走癖があったり、同居猫に感染猫がいる場合には4・5種混合の接種がすすめられます。

完全室内飼育なのにワクチンが必要?

飼い主や訪問者が飼育中の動物や他の動物に触れて、それを持ち帰り室内飼育の猫に感染させてしまう可能性があります。

また、動物に触れていなくても、排泄物を踏んだりする事で感染源を家に持ち込んでしまう可能性もあります。

完全室内飼育でも感染のリスクはあります。

それを予防する為にもワクチン接種が必要です。

猫にワクチンを接種する時期

産まれたばかりの子猫は母猫から免疫をもらっています。

母猫の免疫は2ヶ月ほど効果があると言われています。

この時期にはまだワクチン接種をする事ができません。

母猫の免疫の効果が無くなる頃にワクチン接種をするのが効果的です。

生後1年目のワクチン接種の時期

生後2ヶ月(8週齢)頃に1回目の接種をします。

3週間~1ヶ月の期間をあけて12週齢頃に2回目の接種をします。

具体的な接種時期や回数は獣医師さんに相談しましょう。

1歳を過ぎたらワクチン接種は必要無い?

ワクチンで作られる免疫は一生続くものではありません。

徐々に薄れていってしまうものです。

その為、1歳を過ぎた猫でも継続してワクチン接種をする事が大切です。

生後1歳以降は1年に1回のワクチン接種が望ましいです。

猫のワクチン接種は安全なの?

猫のワクチン接種による副作用はほとんど無いと言われています。

しかしゼロではありません。

ワクチン接種は猫が健康な状態の時に接種する事が大切です。

ワクチン接種当日にチェックするべき事

  • エサをいつも通りに食べているか。
  • 元気があるか。(ぐったりしていないかどうか。)
  • 下痢をしていないか。
  • おしっこをしているか。

ワクチン接種後に気をつける事

  • 体調が悪くなる場合もあるので、ワクチン接種日はなるべく猫と一緒に過ごして猫の様子を観察できるようにしましょう。
  • ワクチン接種後はあまり積極的に遊ばせず、ゆっくり過ごさせましょう。
  • 接種後2日~3日はシャンプーは避けましょう。
  • 多頭飼いの場合は、ワクチン接種をした猫としていない猫は2~3週間は隔離して生活させましょう。(ワクチンの免疫がつくのにその位の期間が必要な為)
  • 接種後数日は元気がない、食欲がない、下痢をする等の症状があらわれる場合があります。症状がひどい場合には獣医師に相談しましょう。

猫のワクチン接種は絶対に必要?

猫のワクチン接種は義務付けられているものではありません。

しかし、動物病院やペットホテルに預ける場合などには、ワクチン接種の証明書が必要になる場合もあります。

ワクチン接種をしたからと言って必ず感染症にかからないというわけではありませんが重症化を防ぐ事ができます。

大切な愛猫を守るためにもワクチン接種をしてあげる事が大切です。

保護猫の場合は?

我が家がおこなっている子猫のミルクボランティアでもワクチン接種をしています。

体重300g未満の子猫を預かる事が多いので、まずは離乳食を開始して体重が600g程度になるまで育てます。

その頃に1回目のワクチン接種をしてもらいます。

そこから2~3週間育てて、保護団体に返す事になります。

今まで何十匹もの子猫を預かってきましたが、ワクチン接種で何か問題が出た猫はいませんでした。

しかし、保護団体の方のお話では、ワクチン接種後に亡くなってしまった子猫もいるそうです。

それが、ワクチン接種の影響なのか、もともと何か病気があったのかはわかりません。

しかし、ワクチン接種は猫の健康を守るために必要なものです。

猫が元気な時にワクチン接種をして、接種後には体調をよく観察してあげる事が大切です。

まとめ

子猫のワクチン接種についてまとめました。

人間のインフルエンザ予防接種と同じで『接種したからといって必ず感染しないというわけではない。しかし重症化を防ぐ事はできる。』というものだと考えれば良いと思います。

猫のワクチン接種はお金がかかります。

病院やワクチンの種類にもよりますが1回4000円~7000円ほどかかるようです。

しかし、飼い猫の健康を守るのは飼い主の務めです。

愛猫にはきちんとワクチン接種をして怖い病気から守ってあげる事が大切です。

\\ PLEASE SHARE //
\\ Follow me //
ウチの息子は心臓病

⇓ コメントはお気軽に ⇓