妊娠・出産

心臓病の赤ちゃんを産みました-お腹の赤ちゃんに心臓病が判明した私の出産の記録

妊娠・出産

妊娠30週でお腹の赤ちゃんに心臓病がある事を告げられた私。

赤ちゃんは産まれてすぐに処置をしなければ命に危険があります。

お腹の赤ちゃんにリスクがある場合の出産はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、私が実際に体験した出産の日の体験談をまとめています。

出産日が決まるまで

私の場合、妊婦健診はとても順調な経過でした。

ただひとつ、お腹の赤ちゃんに心臓病がある事が判明した事が問題でした。

心臓病が判明した時に先生に言われた説明では

  • 赤ちゃんはお腹の中ではとても元気なので、できるだけ大きく育てたい
  • 自然分娩を待つと、病院で万全の体制が取れないので、出産日はあらかじめ決めておく。
  • 出産日に陣痛促進剤を投与して陣痛を促して出産する

ということでした。

大学病院で産科・小児科・心臓外科が揃って対応できる曜日が決まっているので、出産予定日より少し前で出産日を決めるということでした。

妊婦健診38週で出産日が決まった時の記録

38週の妊婦健診の日。
私のもともとの予定日は1月26日でした。
心臓病が発覚した時から「一週間早い1月17日あたりを出産予定日にしようと思っています。」
と言われていたので、その気でいました。


この日の健診で「ん~赤ちゃんの頭はだいぶ下がってきてるけど、内診の状態が
先週とほとんど変わりないし、子宮口も開いてないから来週にしましょう!」

と言われて1月23日に入院することが決定しました!


それにしても、予定日にこんなに近くだと『計画出産』とは言えないような気がします。
お医者さんの言う事を信じて、入院日まで何事もなく陣痛が来ないことを祈るばかりです。
いよいよ、この大きいお腹ともあと一週間でお別れです。
寂しいような楽しみなような・・・複雑な気分ですね。
残りの一週間、心穏やかにお腹の赤ちゃんの事を思いつつ過ごしたいと思います。

出産の日の記録

出産日の前日に入院しました。

当初、出産までは個室に入院と言われていましたが、個室に空きが無くなってしまって、陣痛待合室に入院することになりました。

陣痛待合室はテレビも無く、少々暇な出産前日の夜でした。

 

出産までの記録
  • 午前8時・・・陣痛促進剤を投与しはじめました。
  • 午前10時半・・・お腹の赤ちゃんの状態が良くないので帝王切開になるかもしれないと言われました。
  • 午後1時・・・促進剤が効き始め、どんどん陣痛が進行していきました。
  • このままいけば帝王切開ではなく通常分娩でいけそうだと言われました。
  • 旦那さんにマッサージをしてもらいながらひたすら陣痛の痛みに耐えました。
  • 午後5時・・・子宮口が9cmまで開いたところで分娩室に移動しました。立ち合い出産という形だったので旦那さんも分娩室に入りました。
  • 足を広げて出産準備万端の私。そんな私の前にカーテンの向こうから次々と色々な先生が顔を出して「よろしくお願いします」と挨拶をしてきました。

    いや・・・私こんな格好だし、そんなに次々と挨拶に来られても・・・という感じでした。

    赤ちゃんが産まれてからの小児科・心臓外科・研修医の先生が10人位でチームを組んでいて、その先生方が分娩台に乗っている私に挨拶に来てくれたんですね。。。

  • 分娩室で2回のいきみ(らしきもの。)があったものの産まれず。
  • ほどなくして赤ちゃんの状態が悪くなってきたと告げられました。ここで旦那さんが分娩室から外に出されました。
  • 先生に「次のいきみが来たら産んでもらいます!そうしないと赤ちゃんが危険になるので頑張って!私がお腹に乗りますけど頑張って!」と言われました。ちなみにこの先生、ちょっと大きめの男の先生でした。
  • 正直なところ『いきむ』という感覚すらわからないままこの時を迎えてしまったので、今さらながら先生に「どこに力を入れたらいいんですか?」などと聞いてしまいました。
  • そしていよいよ3回目のタイミングがやってきました。体の大きな先生が私のお腹に乗っかって、必死でお腹を押します。そして赤ちゃんの頭が見えた時、旦那さんがふたたび分娩室に入りました。
  • この世のものとは思えない痛みがやってきたと思ったのも束の間、あっという間に産まれました。(ほんの少し鉗子で引っ張りました。)


2007年1月24日 午後6時10分 2782gの男の子が誕生しました!

出産前の先生のお話では「赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時は羊水に包まれていて元気なんです。でも産まれた瞬間にいきなり肺呼吸に切り替わります。心臓病のある子はそれに耐えられないんです。だから、産まれてすぐにまずは苦しくならないように点滴で薬を入れないといけません。」と聞いていました。

だから、普通の赤ちゃんのように元気な産声などあげないんだと思っていました。

でも、息子は心臓病があるとは思えないほどの元気な産声をあげて産まれてきてくれました。

赤ちゃんとの対面

普通の出産の場合、産まれた赤ちゃんを綺麗にしてくれて、それからすぐにお母さんの元に連れてきてくれるんでしょうか。

私の場合、産んだ瞬間に赤ちゃんの顔を一瞬見せてもらっただけでした。

旦那さんと私が一瞬の喜びと安堵を感じたのも束の間、すぐに救命処置のために連れて行かれました。

旦那さんと私は、産まれたばかりの赤ちゃんに「がんばれ!」と声をかけました。

普通は「産まれてきてくれてありがとう。」とか「よかった。」とか言うんでしょうか。。。

 

出産の日に私の母が付き添ってくれていました。

分娩室の外の廊下で待っていた母。

産まれた時の声は廊下まで聞こえたそうです。

そして、処置をするために連れて行かれる息子。

そんな時、1人の先生が私の母が立っている事に気付いて

「おばあちゃんですか?お顔を見てあげてください。」

と赤ちゃんの顔を一瞬見せてくれたそうです。

その時も、息子は大きな声で泣いていたそうです。

まとめ

お腹の赤ちゃんに心臓病が判明した私の出産の日の記録をまとめました。

私の場合は、自分自身には何の問題もなかったので、通常の出産とほぼ変わらない出産をすることができました。

立ち合い分娩を認めてくれている病院だったので、旦那さんが立ち会う事もできました。

ただ、やはり出産後は通常の出産とは全然違うものだったと思います。

やっぱり母親としては、産まれた赤ちゃんをこの手に抱きたいと思いましたがそれは叶いませんでした。

でも、産まれてきた息子の力強い産声を聞いて『この子はきっと乗り越えてくれる』と感じました。

\\ PLEASE SHARE //
\\ Follow me //
ウチの息子は心臓病

⇓ コメントはお気軽に ⇓