子供の病気

子どもが入院!親の付き添い入院ってどんな感じ?

子供の病気

子どもが入院する事になった場合、親の付き添いが必要な場合があります。

(病院によって付き添いが必要な場合と、付き添いができない場合があります。)

今回は親の付き添いが必要な場合の『付き添い入院』はどんな感じなのかを私の経験からまとめてみます。

※ 私が経験してきた体験談なので、病院によって異なる事もあると思います。

付き添い入院って何?

『付き添い入院』は子どもが入院する時に、親も一緒に寝泊まりして24時間一緒に入院生活を送る事です。

付き添い入院は必ず必要?

病院によって違います。

  • 『親の付き添い入院が必ず必要です』という病院。
  • 『完全看護なので親の付き添いは不要です(付き添いは不可です)』という病院。
  • 『お子さんの状態によって付き添いでも付き添いでなくてもどちらでも可能』という病院。

このように病院によって対応が違います。

特に今は新型コロナウイルスの影響で『今までは付き添い入院をお願いしていたけれど、今は断っている』という病院もあるかもしれませんね。

たらこっこ

我が家の場合がどうだったのか、ちょっとご紹介します。

病院
(病棟)
年齢入院理由付き添いかどうか?
東京の大学病院
(NICU)
0~4ヵ月心臓手術2時間の面会のみ
東京の大学病院
(小児病棟)
4ヵ月一時退院の為の練習
(経管栄養や酸素ケアの練習)
3泊4日
付き添い入院
(個室)
東京の大学病院
(小児病棟)
7ヶ月カテーテル検査2泊3日
付き添いは不可
福岡こども病院
(小児病棟)
8ヶ月~1歳心臓手術付き添い入院
(4人部屋)
福岡こども病院
(小児病棟)
1歳1ヶ月カテーテル検査3泊4日
付き添い入院
(4人部屋)
福岡こども病院
(小児病棟)
3歳3ヶ月カテーテル検査2泊3日
付き添い入院
(4人部屋)
福岡こども病院
(小児病棟)
4歳5ヶ月川崎病9泊10日
付き添い入院
(個室)
福岡こども病院
(小児病棟)
4歳9ヶ月ソケイヘルニア手術2泊3日
付き添い入院
(4人部屋)
京都府立医科大学
(小児病棟)
8歳6ヶ月低身長検査3泊4日
付き添い入院
(4人部屋)
京都府立医科大学
(小児病棟)
10歳6ヶ月カテーテル検査3泊4日
付き添い入院
(4人部屋)
京都府立医科大学
(小児病棟)
13歳1ヶ月カテーテル検査3泊4日
付き添い入院
(4人部屋)

NICU入院期間と生後7ヶ月のカテーテル入院以外は全て付き添い入院でした。

付き添い入院はご家庭の状況によって負担が変わります

我が家の場合は子供は息子さん一人で私は専業主婦。

付き添い入院大歓迎の家族です。

しかし、このような家族はむしろ少ないと思います。

ご兄弟がいるご家庭や共働きで簡単には休めないご家庭などは付き添い入院はとても負担になると思います。

いずれにしても、病院によって対応が違いますので、よく確認してご家族で対応を考えておく事が必要ですね。

付き添い入院中の親の生活はどんな感じ?

狭い空間で入院する子どもと2人きり

病院によって異なると思いますが、個室に入院できる事は少ないかもしれません。

私の経験では、手術直後でICUから戻ったばかりの子は個室。

やがて回復してくると大部屋に移っていくという事が多いです。(病院によって違いますが…)

個室に入院できる場合は、部屋の空間もそこそこ広いと思います。

周りに気を遣う必要もありません。

しかし、大部屋の場合はカーテンで仕切られた狭い空間にお子さんと2人きりで過ごすことになります。

カーテンを隔てたすぐ隣には別の患者さんがいるので、大きな音を立てない、騒がないなど気を遣わなければなりません。

親の食事は自分で準備する

当然と言えば当然ですが、親の食事は出ません。

病院にある売店やコンビニで買ったり持参したりして、自分の食事は準備する必要があります。

子どもがある程度の年齢であれば、買い出しに行く10分~15分程度は目を離す事が可能です。

しかし、まだ赤ちゃんの場合には、わずかな時間でも目を離すのが困難な場合があります。

(息子の場合も、1歳~2歳の頃は少しでも離れると大泣きして大変でした…)

子どもが寝ている隙に自分の食事を準備する必要があります。

付き添いのお母さんに自分の時間はほぼありません。

病院によりますが、付き添いの方の為の給湯室がある場合が多いです。給湯室には冷蔵庫・電子レンジ・トースター・給湯器等があります。入院前にそれらの設備を確認して、事前に電子レンジご飯を持参する等、工夫すると良いと思います。

親のお風呂は?

私が入院した3つの病院では付き添いの方のシャワールームがありました。

シャワールームにはシャンプー等の備品はありません。

自分の身の回りで必要な物は自分で用意しましょう。

私の経験では、付き添いの方全員がシャワーに入る為に午前中からシャワー時間の予約が設定されていました。

家にいれば夕方~夜に入浴する事が多いと思いますが、入院中はそういうわけにはいきません。

空きがなければ午前中や日中にシャワーに入って、夜は入れないという事もあります。

親の寝る場所は?

病院によって簡易ベッドが用意されています。(有料の場合もあります。)

ただし、寝返りもできないような狭い簡易ベッドの場合が多いです。

私もかなり腰痛で悩まされました。

あまりかさばらないマイ枕を持参する、腰に負担のかからないマットを持参するなど、自分の体が悲鳴を上げないような工夫をする事が大切かもしれません。

親の外出は?

基本的に外出は不可だと思います。

病院によって異なると思いますが、基本的には病院内の売店しか行けないと思っておいたほうが良いと思います。

赤ちゃんの頃の付き添い入院で同部屋になったママさんがいました。息子と同じ心臓病で長い付き添い入院でした。
我が家とは違って、彼女には3歳のお兄ちゃんもいました。彼女がこんな事を言っていました。「こんな事言ったら悪いとは思うけど、この子(心臓病で入院している赤ちゃん)の事はそんなに心配してないの。まだよくわかってないだろうし、看護師さんがケアしてくれるし…でもお兄ちゃんの方が心配なんだよね。産まれてからこんなに離れてた事無かったし…。」
私には息子しかいなかったので、彼女の気持ちはわかりませんでした。
でも、息子が成長して3歳になった頃に、ふと彼女の言葉を思い出した事があります。
3歳の元気な子が急に母親と何か月も会えなくなったら辛いだろうな…。付き添い入院にはそんな辛さもあるんですよね。

まとめ

子どもが入院する事になった時に、親の付き添い入院が必要な場合は多いと思います。

そんな親の付き添い入院について、私の経験をもとにまとめてみました。

病院によって親の付き添いの有無や、やり方は違うと思います。

もし、お子さんの付き添い入院が必要になった場合には、事前に確認できる事は病院に確認しておくと少し安心かもしれません。

いずれにしても付き添い入院は親にとっては試練のようなものかもしれません。

子どもの病気を治す事を最優先に、その間は自分の自由は無いものと思って過ごすのが付き添い入院なのかもしれません。

\\ PLEASE SHARE //
\\ Follow me //
ウチの息子は心臓病

⇓ コメントはお気軽に ⇓