中学受験

中学受験で夫婦の意見が合わない時はどうする?夫が反対の我が家の場合

中学受験で夫婦の意見が合わない時はどうする?

中学受験をしようと決めたものの夫婦の意見が合わないという事があります。

むしろそういうご家庭のほうが多いかもしれません。

でも夫婦の意見が合わないと喧嘩の原因にもなりますよね。

そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

たらこっこ
たらこっこ

ご訪問ありがとうございます。
たらこっこ@nikonikotarakoです。
我が家の場合も私と息子が中学受験に乗り気で、パパさんは反対していました

スポンサーリンク

中学受験で夫婦の意見が合わないのはダメ?

中学受験で夫婦の意見が合わない事はどのくらいあるのかな…と思ったので検索してみました。

『中学受験 夫婦 合わない』

と検索してみると、他にもこんなワードが出てきました。

  • 中学受験 夫婦喧嘩
  • 中学受験 家庭崩壊
  • 中学受験 別居

子どもの為にと思って中学受験を考えはじめたのに、それが原因で夫婦喧嘩や家庭崩壊が起きたら子どもが悲しむだけですよね。

塾の先生からのアドバイス

息子が中学受験をしたいと考えるようになってから、引っ越しなどでいくつかの塾に通ってきました。

どの塾も大手塾ではなく、こじんまりとした感じの塾だったので塾長との面談では気さくに色々な話をさせてもらいました。

いくつかの塾の先生に言われたアドバイスがあります。

中学受験はお父様も理解されていますか?
最初の段階でご家族・親子でよく話し合いをしてできるだけ考えを合わせておくことが大切ですよ!

中学受験をするのかしないのかという意見を合わせておくことは大前提です。

そのうえで、中学受験までに決めなければならない事はたくさんあります。

  • どの学校を選ぶのか
  • 公立中学に通う選択肢は有りなのか
  • どの塾を選ぶのか
  • 受験にかかる費用はどの位まで出せるのか
  • 子どもが途中で嫌になったらどうするのか
  • 親は勉強をどこまでサポートするか
    などなど…

ここに挙げた事はほんの一例でもっと細かい事はたくさんあります。

全てをきちんと話し合って夫婦で意見を共有しておくのが望ましいですが、なかなかそういうわけにもいきません。

細かい部分で意見が合わない事も出てくるかもしれませんが、できる限り話し合っておく事が大切ですよ

夫が反対の我が家の場合

私が中学受験を考えはじめたのは息子が小学校4年生の頃でした。

中学受験はある程度の学力がある子がするものだと思っていたので、心臓病で発達の遅い息子には関係ないと思っていましたが、公立中学校にも不安を感じました。

調べてもいないのに諦めるのはダメだ!と思って私立中学校を調べてみました。

偏差値と言われてもピンときませんでしたが、公立中学校よりも良いのではないかと思える学校がいくつか見つかりました。

ここまで調べてみてパパさんの意見を聞いてみることにしました。

中学受験に賛成の私の意見

  • 公立中学校はマンモス校なので不安
  • 公立中学校までの通学が遠くて不安
  • 中学校~高校で心臓手術の予定なので高校受験を避けたい
たらこっこ
たらこっこ

心臓病の息子を少しでも安心できる環境の学校に通わせたいというのが私の意見でした

中学受験に反対のパパさんの意見

  • マンモス校が不安と言うけれど、それならいつの時点で世間の荒波に出すつもりなのか
  • 心臓手術はたしかに負担かもしれないけれど、それは本人が乗り越えなければならないこと
  • 高校受験が無いと競争心や社会に出る力が身につかないのではないか
パパさん
パパさん

小学校までは小規模校で良かったかもしれないけれど、中学生になるんだからそろそろ普通の子と同じように世間に出してやらないといけないと思う

こうして意見の合わない私とパパさんは、中学受験をするかしないかという話し合いをしました。

少し過保護な私と冷たく突き放すタイプのパパさん。

なかなか意見が合わず話し合いは夜中まで続きました。

そして導き出した答えは

  • 大切なのは本人の気持ち
  • 中学受験は社会に出るまでの手段のひとつであって、中学受験が目的になってはいけない
  • 最後まで本人の気持ちを尊重する
たらこっこ
たらこっこ

公立中学校は不安が多いけど、もし途中で本人のやる気が無くなったり、目的の学校に不合格だった時には公立中学校を受け入れます

パパさん
パパさん

本人がどうしても行きたいと言って頑張るなら、中学受験する事に賛成します

こうして最後まで何があっても本人の気持ちを尊重するという点で意見が一致しました。

夫婦の意見が一致したところで、あらためて息子に中学受験の説明をしました。

中学受験をすると決めたら、本人にもきちんと説明をする事が大切です。

子どもへの説明のポイントはこちらを参考にしてみてください。

終わりに

中学受験で夫婦の意見が合わない時はどうする?夫が反対の我が家の場合のお話をご紹介しました。

中学受験は本人の意思が一番大切ではないでしょうか。

最初は中学受験したいと言っていた子どもが、途中で辞めたいと言い出したり、勉強の成果が思うように出ずに嫌になる事もあるかもしれません。

そんな子どもの揺れ動く気持ちを受け止めるためには、夫婦の意見が合っている事がとても大切です。

子どもの気持ちを尊重しながら最後まで応援し続ける!

子どもにとって最高の応援団になる!

細かい意見が分かれたとしても、子どもを大切に思う気持ちは同じですよね。

なるべく早いうちに夫婦の意見を合わせておくと、中学受験がスムーズに進みますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました