つぶやき

小児科医川崎富作先生が95歳で亡くなったというニュース

つぶやき

川崎病を発見した小児科医の川崎富作先生が亡くなられたそうです。

我が家の息子さんも川崎病にかかって入院治療をした経験があります。

川崎富作先生と川崎病についてまとめていきます。

川崎富作先生ってどんな小児科医?

1925年(大正14年):浅草生まれ
1948年(昭和23年):千葉医科大学附属医学専門部卒
1961年(昭和36年):川崎病第一例に遭遇。(当時は未知の疾患だった。)
1967年(昭和42年):アレルギー誌に川崎病の原著発表。50例を報告。
1979年(昭和54年):川崎富作の名前を取って「川崎病」と呼ぶようになる。
1988年(昭和63年):日本医師会医学賞受賞「川崎病に関する研究」
1990年(平成2年):川崎病研究情報センター設立
1991年(平成3年):第81回日本学士院賞受賞「川崎病の診断の確立・治療及び疫学に関する研究」
2006年(平成18年):第1回日本小児科学会賞受賞
2010年(平成22年):東京都名誉都民
乳幼児がかかる謎の病気。

1967年に発表した論文は6年間で積み重ねた50人の症状や治療内容、入院中の経過などを44ページにわたり丹念に記した。

付けた病名は急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群

「長い名前だからね。自分から言ったことはないけど『川崎病』と呼ばれるようになった」と笑う。

(毎日新聞デジタルより抜粋)
2020年(令和2年)6月5日老衰のため東京都内の病院で死去。
葬儀は家族葬で営まれた。
後日「お別れの会」を開く予定。

川崎病ってどんな病気?

約60年前に川崎富作先生が「未知の病気」と感じたこの病気。

現在では年間約1万6000人がかかる病気です。

治療法は確立されていますが、未だに病気の原因はわかっていません。

たらこっこ
たらこっこ

川崎病という名前のイメージから川崎でおこる公害病?と思われる方もいます。

でも全然違います。

川崎病は川崎富作先生が発見されたことで名前がつけられた病気です。

川崎病について『どんな症状か』『どんな治療法か』など詳しくはこちらの記事にまとめています。

⇒ 『欧州で川崎病に似た症状の子供が相次いで確認される』

川崎病は何日かかけて体に色々な症状が出ます。
診断が難しい病気のひとつです。
息子が川崎病と判明するまでの記録はこちらにまとめています。
川崎病にかかるのは8割が4歳以下の子どもというデータがあります。
子どもがかかる手足口病や溶連菌などにも症状が似ています。
また、今の時期は新型コロナウイルスとの見分けもつきにくいかもしれません。
乳幼児のお子さんがいる方は、川崎病の症状について知っておく事が大切かもしれません。

まとめ

川崎病を発見した小児科医の川崎富作先生が亡くなられたニュースについてまとめました。

川崎先生の努力と研究がなければ、今でも『川崎病』は未知の病だったかもしれません。

このような先生がいることで多くの子ども達が救われているんだなとあらためて感じました。

 

\\ PLEASE SHARE //
\\ Follow me //
ウチの息子は心臓病

⇓ コメントはお気軽に ⇓